北日本物産株式会社−カタログギフト「ザ・チョイス」、ギフト、ブライダル、雑貨小物、小型家電、照明器具、洋食器などを扱う総合商社です

北日本物産株式会社
  

いざという時知って役立つギフトのマナー

・出産内祝い

いただいたお祝いのお返しは、赤ちゃんのお披露目を兼ねて、生後1カ月頃に贈りましょう。
のしの水引は紅白の蝶結びで、表書きは「内祝」、下段に赤ちゃんの名前を書きます。
読み方が難しい場合には読みがなをつけます。
予算のめやすは、お祝い金額の半額程度です。
ご親戚には、たとえお祝いをいただかなくても、出産内祝いとしてお披露目の意味をこめて贈るとよいでしょう。
お返しの品物は実用品を選び、御礼状に赤ちゃんのスナップ写真を添えて贈ると喜ばれます。

・香典返し

仏式の場合、七七日(四十九日)または五七日(三十五日)が弔明けにあたります。
最近ではその前後に忌明けの法要を行い、喪主の挨拶状と共に、香典返しをするとこが多いようです。
香典返しは挨拶状と共に
香典返しに添える「挨拶状」には「冥福」「成仏」「供養」「回向」などの仏式用語は避けるようにします。品物は、奉書紙もしくは半紙に包み、弔事用の黒白の水引をかけます。仏式の場合、表書きは上段に「忌明」「満中陰」もしくは「志」と書き、下段に喪主の姓名を書きます。神式やキリスト教の場合、「志」と表書きします。
目安は御厚志額別に
香典返しの目安は、"半返し"ということで、いただいた御香典の半額程度が一般的だと言われています。また御香典をいただいた方、一人ひとりに入念な品選びをすることは時間的にも難しいので、御厚志額に応じていくつかのランクにわけて選ぶとよいでしょう。故人が著名で会葬者が多い時は、故人を偲ばせるような厳選された品物をお返しするという場合もあります。
神式とキリスト教
"香典返し"という言葉は、本来仏式のものですが、神式やキリスト教の場合でも、同じようにお返しをする習わしが多いようです。神式では、三十日祭または五十日祭りが忌明けにあたるため、仏式と同じように挨拶状と一緒にお返しをします。キリスト教の場合は、お返しの時期についての決まりは特にありません。しかし、一般的には一ヶ月後の招天記念日の後、挨拶状と一緒に故人を記念する品物を贈る事が多いようです。
会社の方へのお返し
会社の方から御香典をいただいた場合は、送り主の名義を確認しましょう。法人名義野場合は経費(福利厚生費)として扱われることも多く、その場合は香典返しも必要ありません。ただ、同じ会社名義でも、法人としてか、社長個人のお気持ちなのか紛らわしいので、社員の皆さんで分けられる菓子折りなどを用意しておくと安心です。
社員連名へのお返し
「社員有志」「社員一同」など、連名で御香典をいただいた場合は、忌引き後の初出社時にお返しを。正式な「香典返し」ではなく、お菓子や会葬御礼の品、御礼状を一人一人にくばるとよいでしょう。
会社関係の個人へのお返し
菌中先や取引先の方で、個人的に御香典を下さった方は、個人や家族との「個人的なお付き合い」の為でしょう。他の弔問客と同じように香典返しを贈ります。
葬儀を手伝ってくれた方へのお礼
会社の方に葬儀の受付やお茶出し、接待などのお手伝いいただいた場合は、香典返しとは別に御礼をします。内容は地域によって、食事を用意したり、現金を包んだり、いろいろです。あらかじめ、習慣、相場などを確かめておきましょう。

・法要

一周忌は翌年の命日で四十九日方用と同じように手厚くする場合が多いです。以降、三回忌は三年目ではなく二年目(翌々年)の命日、七回忌は六年目に、十三回忌は十二年目、十七回忌は十六年目に営まれますので間違いのないように気をつけましょう。

・快気祝い

病気やけがなどが回復したときには、お見舞いをいただいた方や、お世話になった方へ快気祝いの品を贈ります。
それが、「おかげさまで元気になりました」という報告になります。
ですので、品物とともに、全開した報告とお見舞いへの感謝の心を書き記した手紙も送りましょう。
快気祝いの品物は、「後に残らない」という意味と願いを込めて、「消耗品の洗剤や石鹸、お菓子、お茶類や砂糖、醤油などの調味料など、使えば無くなるものが最適です。

・結婚内祝い

予算の目安はお祝い金額の半額程度
結婚祝いをいただいたら、お礼状をお出しするとともにお返しをします。披露宴に招待し引き出物をお渡しすることが、そのお返しとなります。お祝いをいただきお招きできない方には、品物でお返しし、挙式の一か月以内には贈りましょう。のしは紅白または金銀の結び切りで、表書きは「内祝」、その下段にお二人の名を書きます。