北日本物産株式会社−カタログギフト「ザ・チョイス」、ギフト、ブライダル、雑貨小物、小型家電、照明器具、洋食器などを扱う総合商社です

北日本物産株式会社
  

祝儀袋と不祝儀袋

◆祝儀袋の包み方

祝儀袋の裏側は、「慶び・幸せを受けるように」という意味を込め、上向きに折り返した方を外側にして水引を掛けます。水引が印刷されている祝儀袋の場合も、重ね方は同じです。逆に重ねると不祝儀(葬儀)の折り方にはり、失礼にあたるので注意してください。式場で手渡す前に、もう一度確認しましょう。

祝儀袋の包み方

◆祝儀袋ふくさの包み方

祝儀袋をむき出しで持っていくのは失礼にあたります。ふくさに包むのが基本ですが、なければ小風呂敷や大きめのハンカチやスカーフで代用しましょう。なお、祝儀と不祝儀では包み方が違います。祝儀では右側を重ねるように包みます。ちなみに不祝儀では左側を重ねるので間違いのないようにしてください。

祝儀袋ふくさの包み方

◆不祝儀袋の包み方

香典に包むお札は、まるで用意していたかのような新札はタブーとされてきました。
最近はあまりこだわらなくなりましたが、気にする人もいるので、新札に軽く折り目を入れて包むとよいでしょう。
中包みには住所、氏名を楷書で書き、金額は漢数字で書きます。
上包みの裏側は「悲しみを流す」意味で下向きの折り返しを内側に重ねます。

不祝儀袋の包み方

◆不祝儀袋ふくさの包み方

祝儀・不祝儀袋などの金封は、むき出しで持ち歩くことはマナー違反。
袋のまま、バッグに直接入れないのが基本です。
大切な方のお葬式ならなおさら、失礼のないように、ふくさに包んでお持ちするようにしましょう。包む順番は慶事とは逆なので注意が必要です。ふくさの色は、緑色・藍(青)色・鼠色などを用います。紫色は慶弔兼用です。

不祝儀袋ふくさの包み方

◆中袋の書き方

中袋の表側には、金額を書きます。正式には「壱、弐、参、伍」や「拾、萬、圓」などの「大字」を使いますが、普通の漢数字で書いてもかまいません。大字で書く時と同様に、頭に「金」最後に「也」をつけて書きます。中袋の裏側には住所と氏名を書きます。

中袋の書き方